MMC > TIA-NMEMS > MNOIC
 
MNOIC:マイクロナノオープンイノベーションセンター
MNOICホームページ
MicroNano Open Innovation Center
 マイクロナノ・オープンイノベーションセンター(MNOIC)は、TIA-NMEMS拠点 において産学連携によるマイクロナノ分野のイノベーション実現の場を提供する主体として、一般財団法人マイクロマシンセンターMEMS協議会の下に 2011年4月設置されました。
 

 MNOICにおいては、産総研集積マイクロシステム研究センターの研究力やMEMS製造設備をR&Dプラットフォームとして活用することが出来、各企業はMyラボやMyファブなどの形でMNOICを利活用することが可能となります。
  
マイクロナノオープンイノベーションセンター MNOIC@TIA
  オープンイノベーションセンター(MNOIC)構想について 2010.7 


  
  MNOICの提供サービスと今後の活動スケジュール

(MNOICの提供サービス)

 企業ユーザーに対して、MNOICは次のようなサービスを提供します。

Myファブの提供(各社が保有しない設備・装置群の利用)
    最新の8/12インチMEMS製造ラインなどが集積しており、自社で保有しないこれらの設備・装置群が利用できます。特に大口径ウエハーに対応できるのが特長。MyファブとMyラボがMNOICの主たるサービス。

 
Myラボの提供(各社の研究所のつくば分室としての利用)
自社の研究所のつくば分室として利用できます。産総研や協力大学の支援を受けることができ、リスクが取れる設計・試作拠点にもなります。MyファブとMyラボがMNOICの主たるサービス。

 
産学連携の共同研究の場の提供
先端的なテーマに挑戦する産学連携の共同研究に参加できます。大学と産業のギャップを埋める機能をもち、オープンイノベーションの拠点となります。大規模な産学連携の研究開発などの推進に当たっては、グリーンセンサーネットワーク技術開発プロジェクトを推進するための NMEMS技術研究機構 のように技術研究組合方式も活用していきます。

 
人材育成サービス、ファンドリーサービス
MNOICでは上記以外でも人材育成サービスやファンドリーサービスの提供も検討していますが、当面はそれぞれ、MEMS協議会が実施するマイクロナノイノベータ人材育成プログラムやFSIC-MEMSファンドリーサービスを通じてサービスを提供していきます。


(設立当初の活動スケジュール)
 MNOICは設立当初の約3ヶ年、企業ユーザーや産総研、技術研究組合などの協力を得ながら試行的な活動を行い、その後の本格運用を目指していきます。
 

トップページ  NMEMS拠点整備  MNOIC  R&D Platform  TIA-NMEMS WG

一般財団法人マイクロマシンセンター  サイトマップ  センターアクセス  お 問 合 せ
Copyright © Micromachine Center. All rights reserved.